珈琲夢職人公式ホームページ
自家焙煎珈琲豆屋珈琲夢職人  
ストレートコーヒーメニュー
マンデリン
Pollung Alfiner

シティーロースト

インドネシア国旗 産地:インドネシア 北スマトラ州リントン ドロックサングール ポルン地区


北スマトラ州トバ湖南西に位置するポルン地区。標高1400〜1500m、黒色火山性土壌で、甘いコク、シルキーな口当たり、独特の香味を持つスペシャルマンデリンが作り出されます。
ポルン地区では、アルフィナー氏が周辺の生産者を一軒一軒まわり、良質なパーチメントを厳選し買い付け、他のエリアのマンデリンとは混ざることはありません。現在は地域全体の品質底上げを狙って、糖度の高いチェリーから苗木を作り、約50軒の農家に配るプロジェクトに取り組んでいます。

焙煎: シティーロースト

軽い苦味とマンデリン独特の味わい

100g 570円(税別)

購入数 g
挽く

マンデリン
Pollung Alfiner

フレンチロースト

産地:インドネシア 北スマトラ州リントン ドロックサングール ポルン地区

代表者:アルフィナー・ルンバンガオル
プロセス:スマトラ式
乾燥:天日乾燥
品種:アテン、ティムティム
標高:1,400〜1,500m

インドネシアでは、一年中降水量が多く、急激な天候の変化もあるためか、独特なスマトラ式と言われる生産処理方式が確立されました。新しいプロジェクトの中には、ブルボン種、ティピカ種を限定し新たに植え始めた農園もあり、これが成功すれば周りの農家も協力してくれると期待を寄せています。

焙煎: フレンチロースト

独特の上質な苦味とコクがあります。

100g 600円(税別)

購入数 g
挽く

ブルンジ
Kibingo Washing Station

ブルンジ 農園名:Kibingo Washing Station
生産者:周辺18集落の農家
生産エリア:カヤンザ県
品種:ブルボン
プロセス:フリーウォッシュド
標高:1,893m
ブルンジ
中央アフリカの高地、数千の丘からなり、小さな宝石に例えられる国、ブルンジ共和国。
国の中央部標高1600m以上の高地で生産されるコーヒー豆は病虫害に弱く、栽培に非常に手間がかかり、摘み取りに特別な気配りで仕上げられます。
ウォッシングステーションの脇の川の浸食を防ぐために植えられている葦(アシ)、現地語でKibingoから名前が付けられました。

焙煎: ハイロースト

優しい口当たり、アフリカの草原を感じさせる香りがします。

100g 600円(税別)

購入数 g
挽く

 
 
コスタリカ Candellila Honey
カンデリージャハニー

産地:タラス
農園名:ラ・カンデリージャ
生産者:リカルド・エルナンデス
標高:1,400〜1,600m
品種:カトゥーラ
プロセス:ハニー

良質なコーヒー生産地として有名なコスタリカ・タラス地区に周辺9農園のコーヒーを精選するマイクロミル、La Candellila(ラ・カンデリージャ)があります。コスタリカスペシャルティコーヒーの元祖ともいえるカンデリージャでは、収穫されたコーヒーチェリーを、パルパーで果肉除去した後、ミューシレージが残ったままの状態で乾燥工程に入るハニープロセスが有名、この方法によってミューシレージの甘みが豆に移り、通常のウォッシュドコーヒーでは得られにく蜂蜜を思わせる独特の香りやボディを持ったコーヒー豆に仕上がります。

焙煎: ハイロースト

柔らかくまろやかな酸味と甘味が口の中に広がります。

100g 550円(税別)

購入数 g
挽く

エチオピア
モカ
Yirgacheffe
KONGA G1

国名:エチオピア
産地:イルガチョフ地区
品種:エチオピア原種
農園名:地域の小規模生産農家
プロセス:ウォッシュド
生産者:YCFCU(イルガチョフコーヒー生産者組合連合国)エチオピア

この地域での生産は1950年からとコーヒーの生産文化からすると比較的新しい。近年スペシャルティコーヒーとして世界的な注目を集めているイルガチョフは豊かな火山灰性土壌、高い標高がもたらす昼夜の激しい寒暖の差がコーヒーの栽培に適している。そうした優位な環境においても、より素晴らしいコーヒーを生産するべく向上心をもって生産に取り組んでいるのがコンガ農協です。

焙煎: ミディアムロースト

フルーティーな酸味はエチオピアモカにしかない独特なもので、国内のほかの産地と比べても芳醇な味わいがある。

100g 600(税別)

購入数 g
挽く

グァテマラ
Retana
農園名:レタナ農園
農園主:フェルナンド・コフィーニョ
産地:アンティグア
プロセス:フリーウォッシュド
品種:レッドブルボン
標高:1,550m

グァテマラで最初にコーヒー栽培が始まったアンティグアは、3つの火山に囲まれた盆地、火山灰質の豊かな土壌で昼夜の寒暖の差により、最高品質のコーヒー豆が生産されます。
古都アンティグアは町全体が世界遺産であり、中米の一大観光地です。

焙煎: シティーロースト

深みのある上質な苦味、中米独特の芳醇な香味がある。

100g 550円(税別)

購入数 g
挽く

 
 
キリマンジャロ
Mondul
モンデゥール
産地:タンザニア
エリア:アルーシャ近郊
農園名:モンデゥール農園
生産者:ハンター・フリント
プロセス:ウォッシュド
品種:N39,KP423
標高:1,700m

本物のキリマンジャロコーヒーのすばらしさ、おいしさを実感できるモンデゥールコーヒー。
農園の創業者の遺志から長年「特別なコーヒーを飲みたい人へ」のマインドは伝承されトロピカルフルーツを思わせる芳醇な風味をもたらせます。
タンザニアコーヒーコンクールで金賞に輝いたことがあり、柔らかい香味を持ち、優れた酸味とコクがあります。

焙煎: ハイロースト

一般的にキリマンジャロは酸味が強くて飲みにくいという勘違いをしている方が多いのですが、それは生豆が悪いのか、焙煎が悪いのかで、しっかり焙煎したキリマンジャロは豊かなコクと上品な酸味があり、好みを選ばない上品なコーヒーです。

100g 570円(税別)

購入数 g
挽く

ブラジル
Fazenda Kaquend
ファゼンダ カクェンジ

農園名:カクェンジ
農園主:ラルフ・デ・カストロ・ジェンケイラ
産地:カルモ・デ・ミナス
プロセス:パルブド・ナチュラル
品種:イエローブルボン
標高:1,100m〜1,500m


カクェンジ農園は、ミナス州南部カルモ・デ・ミナス1,100m〜1,500mの高地に有り、穏やかな気候と肥沃な土地、適度な降雨量に恵まれ、良質なコーヒーの栽培に適しています。
ジェンケイラファミリーは栽培のはじめより品種の多様性と品質に投資ししています。収穫は手摘みで行われ、生産処理後平地と乾燥棚(サスペンデット・パティオ)で乾燥されます。
カクェンジ農園は2006年リリーコーヒー品質コンクール最終候補、2007年ミナス州農業技術振興公社EMATERによりミナス・ジェライス州最良のコーヒーと評価され、2008年カップオブエクセレンス最高スコアー93.65点を獲得1位になりました。

焙煎: ミディアムロースト

ブルボンらしいしっかりしたボディーがあり、パルプドナチュラルでの甘味がしっかり感じられます。

100g 530円(税別)

購入数 g
挽く

メキシコ
JAS Organic
Decafe

メキシコ 生産者:Product Conservacion El Triunfo(79農園)
生産エリア:チアパス州
生産面積:428.5ha
デカフェプロセス:マウンテンウォーター製法
カフェイン除去率:99.9%
認証:有機JAS
メキシコ豆

マウンテンウォーター製法は、科学的な溶媒を一切使用せず、安全にカフェイン除去を行うシステムです。メキシコチアパス州の79農園が生産したコーヒーを綺麗な液質、長い余韻がそのまま感じることができる今までにない、有機JASでカフェインレスコーヒーに仕上げました。
カフェインの除去方法
生豆を水に浸してカフェンを含むコーヒーの全成分を抽出した後、その液体からカフェインだけを除去し、そこに再び生豆を浸しカフェイン以外の成分を戻す。

焙煎: ハイロースト

デカフェなので、カフェインが苦手な方や妊娠中の方など、どなたでも好みを選ばず飲むことができます。

100g 550円(税別)

購入数 g
挽く

 
 
コロンビア
El Placer
エルプラセール

フルシティーロースト

コロンビア 産地:ナリーニョ県

コロンビア豆
近年より個性的な、多様性に富んだマイクロロットの気運の高まりを受け、近隣農協や大手輸入業者に販売をしていた小作農の生産者、極小農園などに熱いまなざしが注がれています。
標高2000mを超える土地では、寒暖差によってチェリーは時間をかけてゆっくり成熟し、24時間の発酵工程とその後洗い流す工程を組み合わせた二重発酵プロセスを行います。
焙煎:

フルシティーロースト

穏やかな苦みです。
コロンビアは少し深めに焙煎すると、飲みやすい苦みになります。
季節のブレンドなど、いろいろな方に飲んでいただきたいブレンドのベースとしてよく使います。

100g 550円(税別)

購入数 g
挽く

コロンビア
El Placer
エルプラセール

ハイロースト

コロンビア 産地:ナリーニョ県
コロンビア豆

農園名:エルプラセール
生産者:オスカル・ギ・レルモ・マルティネス
プロセス:ウォッシュド
品種:カスティージョ
標高:2,061m

左の欄のコロンビアFとは同じ豆です。コロンビアは味の幅が広く、苦みも酸味も良いところがあるため、焙煎を2通りしています。
ブラジルと対極にあるウォッシュドコーヒーの総本山ともいえるコロンビア。長らくコロンビアマイルドと言われてきたコーヒーは広域なカテゴリー物が多い。

焙煎: ハイロースト

少し酸味を感じる。
コロンビア本来の味を感じるには、この焙煎度合いの方がおすすめ。

100g 540円(税別)

購入数 g
挽く

 
 
index
ブレンドコーヒーへcoffee
ギフトセット
このページの最初へ戻る